受入れに関して

【外国人技能実習生受入れ要件】

  1. 弊組合の組合員であること。
  2. 技能実習の内容が受け入れ企業で行われていること。
  3. 技能実習指導員(5年以上の実務経験者)・生活指導員をおくこと。
  4. 実習生用の宿泊施設を確保していること(広さは6畳に2名程度)。
    ※生活備品の準備(寝具類・家電製品・調理用品・食器類・自転車 等)
  5. 実習生と雇用契約の締結。
    ※社会保険(健康保険・厚生年金・雇用保険)、労災保険の加入。
    ※最低賃金法等の労働関係法令の適用。

【受け入れ出来る職種】

77職種139作業
農業関係(2職種6作業)、漁業関係(2職種9作業)、建設関係(22職種33作業)、食品製造関係(9職種14作業)、繊維・衣服関係(13職種22作業)、機械・金属関係(15職種29作業)、その他(13職種25作業)ですが、更なる細かい詳細は公益財団法人JITCOのHPで確認下さい。

当組合では現在、ベトナム・中国・カンボジア・インドネシア・フィリピン・ミャンマーの6か国より実習生を受け入れております。

【受け入れ可能国】

15カ国
中国、インドネシア、ベトナム、フィリピン、タイ、ペルー、ラオス、スリランカ、インド、ミャンマー、モンゴル、ウズベキスタン、カンボジア、ネパール、バングラデシュ

【外国人技能実習生受入れに際しての注意点】

  1. 技能実習生には労働関係法令が適用されます
  2. 労働保険・社会保険など保険への加入が義務付けられています
  3. 技能実習生の賃金は、同じ作業を行う日本人従業員と同等かそれ以上の設定をお願いします。